ファンケルアクネケア お試し

キレイな肌の第一歩!ターンオーバーの仕組み

肌を語るうえで、絶対に欠かせないのがターンオーバー。

 

けれどもその仕組みを理解している人は、意外に少ないのではないでしょうか?

 

わたしたちの肌は1枚の膜のように見えますが、表皮・真皮・皮下組織と3つの層で成り立っています。

 

このうちターンオーバーが行われるのは、肌のいちばん外側にある表皮。

 

表皮の構造やターンオーバーのメカニズムを知れば、自分の肌状態がよくわかるようになります。

 

そうすれば、あなたに効果的なスキンケア方法だってきっと見えてくるはず♪

 

この記事では表皮の構造から、ターンオーバーの仕組みまで詳しく解説していきたいと思います。

 

 

表皮の構造

 

表皮は肌を守る角質層と、肌の成分や細胞を作り出すそれ角質層以外の、3つの層で構成されています。その厚みは、わずか0.2mmしかありません。

 

肌の生まれ変わりであるターンオーバーは、この表皮の4つの層で行われています。ターンオーバーのメカニズムを理解するために、まずは表皮の構造を説明していきますね。

 

肌のイチバン外側にある角質層

 

0.02mmの薄さしかないのに、肌から水分が蒸発しないようにキープし、外的刺激から守ってくれるのがこの角質層です。0.02mmといえば、ちょうどラップと同じくらいの薄さなんですよ。

 

角質層はレンガみたいにずらりと並んだ角質細胞と、そのすき間を埋める細胞間脂質で成り立っています。

 

細胞間脂質には、水分をサンドイッチみたいに挟んで逃さないセラミドや、そのほかの保湿成分が含まれています。

 

 

この細胞間脂質と皮脂、ターンオーバーの過程で作られる天然保湿因子の3つで、肌にバリアを張り、乾燥や外的刺激から肌を守るのも角質層の大事な仕事なんです。

 

じつはスキンケアコスメが届くのは、この角質層まで。その奥の真皮までは入っていけません。

 

紫外線をはねかえす顆粒層(かりゅうそう)

 

角質層のすぐ下にある顆粒層には、ケラトヒアリンというビーズのような小さいツブツブがあるんです。そのツブツブが紫外線を反射させて、肌の奥まで入りこまないように、はねかえしてくれています。

 

肌のうるおいのために欠かせない、細胞間脂質や天然保湿因子もここで作られています。

 

肌の細胞に栄養をとどける有棘層(ゆうきょくそう)

 

尖ったトゲのような突起をもつ細胞が、そのトゲ同士でくっついて見えることから有棘層と呼ばれています。

 

真皮から届けられる栄養や酸素を受け取り、肌全体の細胞にとどける働きをしています。

 

体内に入り込んできた物質を異物かどうかを判断し、異物ならアレルギー反応を起こして取り除こうとします。

 

細胞を作る基底層

 

基底層はターンオーバーの始まるところ。血液によって運ばれてくる栄養素と酸素を材料にして、表皮の細胞を作っている工場なのです。

 

この基底層で作られた細胞が分裂を繰り返して新しい角質細胞になります。

 

基底層の大事な仕事のもうひとつは、真皮をダメージから守ること。紫外線から真皮をガードするメラニンを作り出す、メラノサイトも基底層にあるんですよ。

 

ターンオーバーの仕組み

 

ターンオーバーっていったいなんだと思いますか?

 

それは肌の新陳代謝、つまりは肌の細胞の新旧交代なんです。

 

表皮の一番下にある基底層で作られた細胞が、どんどん細胞分裂を繰り返していきます。そして、だんだん外側へと移動していくのです。

 

つまり、基底層で生まれた基底細胞が

 

基底細胞→有棘細胞→顆粒細胞→角質細胞

 

へと変化して、約14日かけて角質層にたどりつきます。

 

このときに古い角質は、アカになって剥がれおちていくんですね。アカって細胞だったのか…と、ちょっとビックリしちゃいませんか?

 

そして14日の間、乾燥や外部刺激から皮膚を守り、また新しい角質細胞と入れ替わっていくのです。

 

これが肌のターンオーバーの仕組みです。理想的なターンオーバーのサイクルは28日といわれています。こうしてターンオーバーが繰り返されているから、私たちの肌はいつでもみずみずしくいられるのですね。

 

ですがターンオーバーは生活習慣や紫外線、スキンケアに影響されやすい側面をもっています。ターンオーバーのサイクルが乱れると、大人ニキビや乾燥、くすみなどの肌トラブルにつながってしまいます。

 

ターンオーバーを乱さないために注意したいこと

 

キレイな肌のためには肌の新陳代謝である、ターンオーバーのサイクルを乱さないこと。

 

そのためにできることをは

 

・過度な洗顔はしない
・紫外線を避ける
・6時間以上眠る
・バランスのいい食事
・ストレスを溜めない
・適度な運動

 

の6つ!

 

質のいい睡眠と適度な運動は、ターンオーバーをサポートする成長ホルモンの分泌をうながしてくれます。

 

またストレスはホルモンバランスの乱れのもとになります。ストレスを感じないのが一番ですが、そうもいかないのが現代社会のツライところですよね。ストレスを解消できるよう、リラックスできる方法を見つけてくださいね。

 

紫外線が肌に与えるダメージは、かなり大きなもの。そのダメージから回復しようとターンオーバーのサイクルが早まってしまいます。

 

するとまだ成長していない細胞が、角質層にあがってきます。肌を守る機能も未発達なままですから、水分をキープできずに肌トラブルを招いてしまいます。

 

そしてあなたの肌に適したスキンケアをすること。ゴシゴシ顔を洗ったり、お風呂上りに保湿しないで放置などは禁物ですよ。

 

最後にバランスのよい食事で、内側からのケアもお忘れなく!

 

まとめ

 

表皮の構造とターンオーバーの仕組み、ターンオーバーを乱さないために注意したいことをお伝えしました。

 

ターンオーバーの仕組みを知ると、つやつやとキレイな肌を保つためには内と外、両方からのケアが大切だと気づかされます。

 

毎日の生活習慣をちょっぴり変えて、つや玉のできる肌を目指してみませんか?

page top