大人ニキビ 原因

知っておきたい大人ニキビの原因6つ!

肌にポツリとできた大人ニキビに悩んでいるあなた。

 

ニキビは10代にしかできないと思っていませんか?
じつは大人になってもニキビで悩んでいる方は、けっこう多いんです。

 

真っ白なスカートにできたシミのように、大人ニキビは私たちをブルーな気分にさせます。

 

「この嫌な大人ニキビをなんとかしたい!」

 

それには大人ニキビができる原因を知るのが、イチバンの近道です。

 

今回は大人ニキビができる原因と治し方、予防方法について詳しくお話ししていきます。あなたの大人ニキビの解消のため、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

 

知ってますか?大人ニキビの特徴

 

大人ニキビと気やすく呼ばれていますが、じつは成人性?瘡(せいじんせいざそう)というれっきとした皮膚の病気なんです。

 

とくにアゴと口の周りに多く、ついでフェイスライン・頬・おでこと、顔じゅういたるところに発生します。

 

治った!と喜んだのもつかの間、なぜか同じ場所にできていることが多いのも大人ニキビの特徴のひとつ。

 

また新陳代謝が活発な10代の頃とは違い、治りにくくニキビ跡になりやすいと、美肌をキープしづらい特徴ばかり……。

 

だからこそ原因を見極めて、早めのケアが大切なんです。

 

大人ニキビの原因はターンオーバー&生活習慣の乱れ!

 

思春期ニキビの原因は皮脂の過剰分泌だけ、とってもシンプルですよね。

 

対して大人ニキビの原因は、ターンオーバーの乱れや生活習慣、ストレスとライフスタイルによって十人十色です。

 

ターンオーバーの乱れ

 

ターンオーバーとは皮膚の細胞が生まれ変わるサイクルのこと。

 

人間の体は約60兆個の細胞から成り立っていて、肌も例外ではありません。
肌の表面にある角質細胞が、肌の潤いを保ち、あらゆる刺激から守ってくれているのです。

 

そうして古くなった角質細胞は、やがて汗やアカとなって剥がれ落ち、新しい角質細胞と交代します。
これが肌のターンオーバーの仕組みで、理想的なサイクルは28日間といわれています。

 

ターンオーバーが遅くなると古くなった角質細胞は、剥がれ落ちずに肌表面に溜まっていきます。
すると角質細胞が分厚くなり、毛穴を圧迫して塞いでしまうのです。

 

そして毛穴に皮脂が溜まり、そこにアクネ菌が繁殖して大人ニキビになります。

 

乾燥

 

わたしたちの肌には、水分量をキープするためのバリア機能がもともと備わっています。

 

それは肌表面にある

 

・皮脂
・天然保湿因子
・細胞間脂質

 

この3つの因子によって構成されています。

 

肌が乾燥すると、水分を補給しなきゃっと思ってしまいますよね。

 

けれども肌の乾燥を防ぐには、この3つの成分を損なわないことがポイント!

 

バリア機能が低下すると肌は水分を保てなくなり、ターンオーバーが遅くなります。

 

すると古い角質が溜まって厚くなり、毛穴がつまりやすいい状態に……。

 

大人ニキビの原因は皮脂が多いせいだと、洗浄力の高い洗顔料を使ってはいませんか?

 

それでは肌の表面にある、皮脂や天然保湿因子、細胞間脂質まで、一緒に洗い流されて乾燥を招いてしまいます。

 

肌にやさしい弱酸性の洗顔料を使い、天然のバリア機能を損なわないようにしましょう。

 

睡眠不足

 

寝不足が続いて肌の調子が悪い…女性なら誰しも経験したことがあるはず。
それもそのはず、肌のターンオーバーをサポートする成長ホルモンは寝ている間に分泌されるのです。

 

成長ホルモンの分泌量が足りないと、ターンオーバーは遅くなります。
その結果、古い角質は剥がれ落ちずに溜まっていき、大人ニキビの原因になるのです。

 

この成長ホルモンは眠りについてからの、3時間にもっとも多く分泌されるってご存じですか?
最初の3時間に、どれだけぐっすりと眠れるかが美肌のカギを握っています。
さらに満腹状態でも分泌はされないので、寝る前の食事やおやつは控えるのがベター。

 

睡眠不足だと、皮脂の分泌を抑え、ヒアルロン酸やコラーゲンを作り出すのに欠かせないホルモン、エストロゲンの分泌も減ってしまいます。

 

まさに睡眠不足は美肌の天敵!ぐっすり眠って、大人ニキビのないツヤ肌を目指しましょう♪

 

 

腸内環境の悪化

 

便はいうなれば、人間の体から出た生ゴミです。
わたしたちの体温は36℃〜37℃。
真夏の猛暑日と同じです。
そんな環境に生ゴミを放置していたらどうなるか想像してみてください。

 

腐って悪臭を放ちますよね?
それと同じことが腸の中で起こっているのが、便秘なのです。
腸内に毒素や老廃物が溜まり、血行が悪くなり新陳代謝もスムーズに行われません。

 

もちろん肌の新陳代謝であるターンオーバーも遅れて、大人ニキビや肌荒れの原因になります。
腸内環境を整える善玉菌を増やすヨーグルトや納豆、果物、生野菜を、普段の食事にプラスして大人ニキビを解消しましょう。

 

ストレス

 

仕事や複雑な人間関係、いまやストレスなしの生活を想像するのが難しいくらいです。
ですがストレスを感じると、わたしたちの体と心に大きな影響を及ぼす自律神経が、バランスを崩してしまいます

 

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類があり、わたしたちの体の機能をコントロールしてくれています。
仕事や運動に集中しているとき、緊張したときに優位に働くのが交感神経。
この交感神経が働いているときは、アクセル全開で動いている状態です。
その間は血管が収縮し、消化器系の働きが抑えられています。

 

たいして就寝中や入浴時など、リラックスしているときに働くのが副交感神経。
内臓の動きが活発になり、栄養の吸収や老廃物の排出がさかんに行われます。

 

わたしたちはストレスを感じると交感神経が優位になり、眠りも浅くなります。
すると成長ホルモンが分泌されず、肌のターンオーバーが遅れがちになるのです。

 

とはいえストレスがない生活なんてありませんよね。
なるべくストレスを忘れて、ゆったりと過ごせる時間を作ってください。

 

そして眠る前にはなるべくリラックスできるよう、心がけましょう。
寝る前の1時間だけでもスマホを見ないようにすると、質の良い眠りが訪れますよ。

 

生理周期による影響

 

生理前になるとニキビができやすくなったりしませんか?
それは生理周期による女性ホルモンの影響なんです。

 

生理前の黄体期には、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌が多くなります。
黄体期は水分や老廃物が体に溜まりやすく、また皮脂の分泌が活発になるので大人ニキビができやすいのが特徴。

 

生理前は食事や睡眠に気を配り、デトックスを心がけましょう。

 

生理中には、もうひとつの女性ホルモンのエストロゲンが減少し、肌は乾燥しやすくなっています。
いつもより保湿対策をしっかりして、肌をいたわってあげましょう。

 

 

まとめ

 

大人ニキビの原因は、なんと6つもありました。そのほとんどに、生活習慣やライフスタイルが関わっています。

 

大人ニキビを解消し、なめらかな肌をゲットするには、内側からのケアがとても大切なんです。
ライフスタイルをちょっぴり見直すだけで、大人ニキビはきっと改善できます。

 

もちろんスキンケアだって手は抜けません。
体の外と中からの両方からケアして、なめらかな大人ニキビのない肌を目指しましょう!

page top