ファンケルアクネケア お試し

思春期ニキビと大人ニキビの違い!ケアも全然違うので注意

ニキビといえば青春時代のキュン?とくるような想い出が、懐かしく感じられませんか?

 

けれども大人になってからできる大人ニキビと、青春時代にできる思春期ニキビの原因はまったく別物なんです。

 

症状は同じニキビですが原因が違えば、もちろん対処法も異なります。

 

ですから思春期ニキビと同じケアをしていても、大人ニキビは改善するどころか悪化してしまうケースも…。

 

今回は知っているようで知らない思春期ニキビと大人ニキビの違いと、それぞれの対処法をまとめました!

 

 

思春期ニキビの原因と特徴

 

思春期ニキビは第二次成長期のいわゆる思春期にあたる、13才から18才ごろに多く見られます。

 

この時期に男性ホルモンの分泌量が急増し、その影響で皮脂が多く分泌されてしまうのです。また男性ホルモンには角質を硬くする作用もあり、毛穴がつまりやすい状態に。

 

そうして皮脂の分泌量が多すぎて排出が間に合わず、毛穴につまり発生するのが思春期ニキビです。

 

毛穴がつまると皮脂をエサにしているアクネ菌が、繁殖してニキビはさらに悪化することに。

 

思春期ニキビは顔全体にできますが皮脂の分泌が多い、おでこや鼻などのTゾーンにできやすいのが特徴的です。

 

やがて第二次成長期が終わるとホルモンバランスも整い、それに伴って皮脂の過剰分泌もおさまります。

 

 

思春期ニキビの対処法は?

 

思春期の肌は新陳代謝が活発で、肌のターンオーバーも正常なサイクルで行われています。

 

また肌に自然に備わっているバリア機能を構成する、細胞間脂質や天然保湿因子、皮脂も十分にあります。

 

バリア機能が、きちんとその働きを果たしているので、思春期の肌はニキビ以外は健やかな状態です。

 

だからダメージをうけても肌の回復、再生はスムーズ。

 

ということは、思春期ニキビを治すためだけに集中すればよいのです。

 

思春期ニキビのケアには皮脂の分泌を抑える、アクネ菌の繁殖を抑えることがポイント!

 

 

アクネ菌の繁殖を抑える

 

ニキビは毛穴のつまりが原因ですが、悪化してしまうのはアクネ菌が繁殖するからなんです。

 

ですからアクネ菌の繁殖を抑えれば、早い段階でニキビの悪化を防ぐことができます。

 

殺菌作用に効果のある成分は

 

・サリチル酸
・レゾルシン
・イオウ
・イソプロピルメチルフェノール

 

などがあります。

 

 

皮脂の分泌を抑える

 

思春期ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌からくる毛穴のつまり。ですから皮脂の分泌を抑えることが重要です。

 

ビタミンC誘導体で皮脂の分泌をコントロール

 

皮脂の分泌を抑えるにはビタミンC誘導体が配合されたスキンケアコスメがおすすめ。炎症や赤みを抑えてくれる効果もあるので、一石二鳥です!

 

 

油分の少ないスキンケアコスメを使う

 

思春期ニキビに油分は禁物!

 

オイルフリーや、アクネ菌の養分にならない油分が配合されたノンコメドジェニックのスキンケアコスメを使って、油分をコントロールしましょう。

 

洗顔は1日2回まで

 

ニキビができるのは不潔にしているからだと、1日に何度も顔を洗ってはいませんか?

 

ニキビは清潔にしていてもできるんです。

 

洗いすぎると肌のうるおいをキープするのに必要な皮脂も流されてしまうため、それを補おうとかえって皮脂の過剰分泌を招きます。

 

洗顔は朝と夜、1日2回までが鉄則です!

 

またゴシゴシ洗うのもNGです。きめ細かい泡で汚れを吸着して落としましょう。

 

日中のこまめなケア

 

日中の皮脂は、こまめなケアでコントロールしていきましょう。

 

汗をかいたら清潔なタオルやハンカチで、やさしく拭き取ってください。

 

汗拭きシートは刺激が強いですし、あぶらとり紙は皮脂をとりすぎて乾燥を招くのであまりおすすめしません。

 

どうしても気になる場合は、ティッシュで軽く抑えて皮脂を取り除きましょう。

 

食生活だって大切!

 

ふだんなにげなく口にしている食べ物も、皮脂の分泌を促進してしまうことが…。

 

揚げ物やスナック菓子、ジャンクフードなどの脂っこい食品を避けて、皮脂を抑えてくれるビタミンB1、B2、Cを多く含んだ野菜を積極的に摂りましょう。

 

 

大人ニキビの原因と特徴

 

じつは大人ニキビの原因ははっきりと特定できません。睡眠不足やストレス、ホルモンバランスの乱れなどが複雑に絡み合っています。

 

それらの影響で、細胞間脂質や天然保湿因子の生成や、皮脂の分泌が少なくなり、肌を保護するバリア機能も低下してしまいます。すると肌は乾燥状態に…。

 

その結果、肌のターンオーバーが乱れて古い角質が溜まり、角質が厚くなって毛穴を詰まらせニキビを誘発します。

 

大人ニキビは頬やあご、フェイスラインなどの乾燥しやすいUゾーンに多く見られます。

 

また、ターンオーバーの乱れやホルモンの影響で治りにくい傾向が…。

 

 

大人ニキビの対処法は?

 

大人ニキビの原因は生活習慣やストレスなどから、肌の状態が悪くなるため発生します。

 

ですから大人ニキビの対処法は、まずは肌のコンディションを整えて、ターンオーバーのサイクルを正常に戻すことが大切。ターンオーバーが正常に行われれば、古い角質は剥がれ落ちていきます。

 

そのためには保湿と、炎症を抑える、肌やニキビを刺激しない、この3つに重点をおいて、お手入れしていきましょう。

 

 

肌を整えるには保湿が大切!

 

肌のコンディションを整えるには、まずは低下してしまったバリア機能を取り戻さなくてはなりません。

 

それにはバリア機能を構成する細胞間脂質の40%を占める、セラミドが配合されたスキンケアコスメでのお手入れが一番の近道です。

 

スキンケアコスメでセラミドを補って、バリア機能を回復させましょう!

 

そのほかにも保湿効果のある成分を以下にまとめました。

 

・天然保湿因子(NMF)
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・スフィンゴ脂質
・エラスチン
・アミノ酸

 

などがあります。

 

 

炎症を抑える

 

大人ニキビの炎症を抑えるには、低刺激であることが絶対条件!

 

その上で、気になる赤みや炎症を抑えてくれる成分を選びましょう。

 

大人ニキビの炎症を抑えるのにおすすめの成分は

 

・グリチルリチン酸
・アラントイン
・ビタミンC誘導体

 

の3つです。

 

作用はゆるやかですが、乾燥で敏感になっている肌を刺激することなく、赤みや炎症を抑えてくれますよ。

 

 

肌やニキビを刺激する成分は避ける

 

大人ニキビができている肌は、バリア機能が低下して刺激に敏感になっています。ですから肌やニキビを刺激する成分が配合されている化粧品は避けましょう。

 

・アルコールフリー
・オイルフリー
・ノンコメドジェニック

 

と表示されているものを選ぶのがおすすめです。

 

また思春期ニキビ用の化粧品は、大人ニキビには使用しないこと。

 

大人ニキビはライフスタイルからくる乾燥が原因になっているケースがほとんどです。皮脂の分泌を防ぐための思春期ニキビ用コスメを使用してしまうと、乾燥が進んでしまって肌の調子がますます悪くなる可能性も。

 

とくにイオウが配合されている市販薬は、乾燥を招くので注意してくださいね。

 

 

ライフスタイルの改善

 

大人ニキビは、睡眠不足やストレス、生活習慣、ホルモンバランスの乱れから、肌の乾燥やターンオーバーのサイクルの乱れを招くことが原因です。

 

ですから大人ニキビを改善するには、スキンケアだけではなくライフスタイルそのものを見直す必要があります。

 

ストレスを溜めないようにして、ぐっすり眠ればホルモンバランスも整ってきます。そしてバランスのいい食事を心がけましょう。

 

 

まとめ

 

大人ニキビと思春期ニキビの違い、おわかりいただいただけましたでしょうか?

 

大人の肌は思春期の肌とは違い、ターンオーバーやホルモンの影響で回復が遅くなりがちです。

 

ですから早めの適切なケアが、大人ニキビを攻略する決め手となります。

 

そのためには日頃から生活習慣や食生活に気をつけて、肌のコンディションを整えましょう!

page top