ファンケルアクネケア お試し

化粧品と医薬部外品はこんなに違うんです!

数年前からコスメカウンターやドラッグストアのコスメカウンターでよく見かけるようになった「医薬部外品」。

 

コスメにくわしくなければ、「医薬」という言葉で、なんとなく化粧品より効果があるのでは? 
とイメージを持っているのではないでしょうか。

 

けれども普通の化粧品と医薬部外品の化粧品では、なにがどんなふうに違うのか理解している方は多くはないようです。

 

なめらかでキレイな肌を保つために、どうせなら効果の高いものを使用したいのは女性なら当然です。

 

そこで今回は、化粧品と医薬部外品の違いを徹底検証してみました!

 

スキンケア選びの参考にしてみてくださいね♪

 

 

医薬部外品ってなに?

化粧品は医薬品医療機器等法(旧薬事法)によって「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類に分けられています。

 

医薬部外品とは治療を目的とする医薬品と、人体への作用が緩和な化粧品の中間的存在。

 

厚生労働省が認めた有効成分が、一定の濃度で配合されています。治療より予防を目的としています。

 

つまり医薬品より効きめはゆるやかで、化粧品よりは医薬的効果があるのが医薬部外品なのです。

 

 

けれども医薬品に近い効果を持つということは、取り扱いや注意が必要ですし、副作用のリスクも多少とはいえ考えなければなりません。

 

医薬部外品でよく知られている成分にはニキビに効果のあるイオウやグリチルリチン酸、アラントイン、美白効果があるトラネキサム酸などがよく知られています。

 

化粧品は人体への作用が緩和で、髪や皮膚、爪の手入れや保護などに用いられるもの。人の体を清潔にする、キレイにする、魅力的にする、皮膚または髪を健やかに保ち、誰もが安心して使えるものです。

 

医薬品とは病気や疾患の治療を目的としたもの。厚生労働省によって使用している成分の効果が認められています。

 

ドラッグストアで販売されている市販薬もこちらの医薬品にあたります。スキンケアでもかゆみや炎症を抑えたり、保湿ローションなどがあります。

 

 

医薬部外品と化粧品の違い

 

医薬部外品は医薬品と化粧品のまんなかに位置づけられたもの、と理解していただけたかと思います。

 

でも、これだけでは実際に化粧品とどう違うのかがはっきりしませんよね?

 

リアルな医薬部外品と、化粧品の違いを解説していきます!

 

 

有効成分が配合されているかどうか?

 

化粧品と医薬部外品が大きく違うのは、有効成分の配合です。

 

有効成分とはその効果や効能を、厚生労働省が認めている成分のこと。

 

化粧品は厚生労働省が認めた有効成分が入っていないか、入っていても医薬部外品よりは濃度が低いのです。

 

一方、医薬部外品は有効成分が規定量きちんと配合されていると、厚生労働省および各都道府県によって認められています。

 

つまり、実際に効果があると認められているの医薬部外品なのですね。

 

 

成分表示の表記が違う

 

化粧品や医薬部外品のパッケージにずらりと記載された成分表示、みなさんも日常的に目にしていると思います。

 

この成分表示にもルールがあって、化粧品は全成分表示が義務付けられています。つまり、配合しているすべての成分を配合量の多い順に、記載しなくてはならないのです。

 

化粧品の成分表示の一番はじめに書かれているのが、その商品に一番多く配合されている成分なんです。

 

 

ところが医薬部外品には、全成分表示の義務はありません。あるのは旧表示指定成分を記載しなければならないというルールのみ。

 

旧表示指定成分とは、使う人の体質によってアレルギーや肌トラブルを起こす可能性がある成分として化粧品の容器やパッケージに表示を義務づけられていたもので、1991年に廃止されています。

 

けれども安心してください。各化粧品メーカーが消費者に配慮して、全成分表示をしているケースがほとんどです。

 

ただし配合量順ではないケースも多く見られるので、そこは化粧品の全成分表示のルールとはちょっと違いますね。

 

 

効果・効能の表示ルールが違う

 

 

化粧品だけでなく、医薬品、医薬部外品もその範囲を超えた効能や効果をアピールすることは、医薬品医療機器等法によって厳しく制限されています。

 

ようするに広告や宣伝で商品をアピールする表現が、効果効能の範囲を超えてはいけないのです。

 

たとえば医薬部外品で有効な成分が配合されていれば、「しみやソバカスを防ぐ」となんのしばりもなく表現できます。

 

ですが化粧品では、「日焼けによる、しみやそばかすを防ぐ」のように限定した表現しかできません。

 

 

医薬部外品には審査がある

 

化粧品は「化粧品製造販売業」の許可さえあれば、販売できる商品です。ひとつひとつの商品に公的な審査は必要ありません。

 

たいして医薬部外品は化粧品製造販売業はもちろんのこと、製品ごとに有効成分の審査があるのです。

 

厚生労働省および各都道府県によって審査、承認を受けたものしか、医薬部外品とは認められません。

 

 

医薬部外品と化粧品の見分け方

 

医薬部外品と化粧品の違いがわかったところで、その見分け方を知らなければスキンケアコスメを選ぶときに参考にできませんよね。

 

ですが見分け方は、意外にカンタン。医薬部外品は、化粧品に比べて有効成分が配合されているワケですから、そこを消費者にアピールしなければなりませんよね。

 

ですからパッケージや容器に、「医薬部外品」と記載されているものがほとんどなんです。もし「医薬部外品」という文字が見つけられなかったら、成分表示をチェックしてみてください。

 

一番はじめに「有効成分〇〇」、その下に「その他成分」の記載があれば、医薬部外品と判断できます。化粧品は有効成分の表示はできない決まりですから。

 

 

医薬部外品の方が化粧品より効果が高い?

 

みなさんが一番知りたいのは「化粧品と医薬部外品では、どちらが効果が高いのか」ではないでしょうか。

 

しかし残念ながら、どちらの方が効果があるとはカンタンには断言できません。なぜなら、それは肌のタイプや体質によって合う、合わないといったケースがあるからです。

 

ですからすべての方にとって、医薬部外品が効果を発揮するとは断言できません。

 

ただし、あなたの肌の悩みに効果のある有効成分が配合されていて、その成分が肌に合っていれば医薬部外品の方が効果があるといえるでしょう。

 

 

まとめ

 

化粧品と医薬部外品の違いと見分け方についてお伝えしました。ふだんなにげなく手にしている商品にも、私たちの知らないルールがたくさんあるんですね。

 

化粧品と医薬部外品の大きな違いで、わたしたちにダイレクトに関係するのは有効成分が配合されているかどうかです。

 

成分表示の有効成分をしっかりチェックして、あなたの肌に合ったスキンケアコスメ選んでくださいね♪

page top